WordPressを始めるときに必要な独自ドメインの取得方法

知っておくだけで差がつく独自ドメインの取得方法

辰巳勝則
ご訪問いただきありがとうございます。今回はドメインの取得方法についてWEBディレクターのATSUSHIにまとめてもらいました。

彼にバトンタッチする前に、私からお伝えしておきたいことがあります。

ホームページを制作する上で一番最初におこなうステップが「独自ドメイン」の取得です。

ドメインの取得そのものはカンタンなステップです。とはいえ、会社のロゴマークを制作するのと同じくらい重要なステップです。

なぜなら、あなたのお店をブランディングする上で重要となってくるのが、ドメインの取得の際に選択する「ドメイン名」だからです。

つまり何を言いたいのか。

ビジネスの全体像が決まってからでないと「戦略的」なドメインの取得につながらないということです。カッコいいドメイン名を付ければいいというものではありませんからね。

その点を踏まえたうえでATSUSHIに託したいと思います。ATSUSHI!あとはヨロシク!

WEBディレクターATSUSHI
辰巳先生、承知しました。

WordPressでホームページを立ち上げたいけれど、まず何から始めたらいいのかわからない方が多いと思います。

そんなあなたのために初めの一歩として、独自ドメインの取得についてお話ししていきたいと思います。

今回のお相手は飲食店を経営している友人の一郎さんです。今まで料理の修行一筋だったため、パソコンはどちらかというと苦手で、WEBのど素人といってもいいくらいのレベルです

飲食店という業種は大手チェーン店をはじめ最も競合が多いカテゴリーです。

そんな中、一郎さんはライバル店に負けじと「小さな飲食店集客には効果がある」と言われているスマートフォンに特化したホームページをご自身で立ち上げることになりました。

私のアドバイスを受けて選んだ一郎さんのお店のWordPressテンプレートは「レスポンシブ・ウェブ・デザイン型」です。

つまり、スマートフォンだけでなくPCからも見れるタイプのものです。そんななかでも、ややスマートフォンからの検索の方が反応を得られやすいテンプレートを選んでいます。

とはいえ、一郎さん曰く

「何から始めたらいいのかわからない」

「独自ドメインって何?」

ということでしたので、私の事務所でレクチャーすることになりました。

※以降は独自ドメインを→「ドメイン」という呼び名で省略します。

ドメインとは?

WEBディレクターATSUSHI
一郎さん、ドメインというのはこれからWordPress でホームページ(WEBサイト)を作っていく上で基本であり必ず必要となるものです。

ですから、ぜひ理解しておいてほしいです。

一郎さん(飲食店経営)
わかりました! 最初が肝心ですからね。

ところで、ドメインって何ですか?

WEBディレクターATSUSHI
まずはそこからですね!一般的には聞きなれない言葉かもしれません。でも、あまり難しく考える必要はありませんので、安心してください。

ドメインはインターネット上の住所のようなものです。すなわちホームページがインターネット上に存在する場所情報のことです。

一郎さん(飲食店経営)
そうか、まずはインターネット上の住所を確保しようということですね。
WEBディレクターATSUSHI
そういうことです。では、例をあげてみましょう!

パソコンかスマートフォンからインターネットにつなぎ、ホームページを閲覧する場合を想定してみてください。

そのときアドレスバーにアドレス(URL)が表示されますよね?

例えば本サイトならこんな感じです。

DRM集客実践会URL

DRM集客実践会ホームページ

WEBディレクターATSUSHI
この画像の「no1-marketing.jp 」という部分がドメインになります。

気軽にサイトに来てもらうには、ドメイン名は覚えてもらいやすい方が良いです。

一郎さん(飲食店経営)
その部分は自由に決められるんですか?
WEBディレクターATSUSHI
ええ、そうです。ただし全く同じドメイン名を重複させることはできません。基本、一つの住所に血のつながりのない二つの家族が同居しないのと同じです。

空室があればそこに住むことができるように、そのドメイン名が誰かによって使われていない状況であれば自由に決められます。

また、ドメインは一度取得すると重複できないので、唯一のドメインということになります。これを「独自ドメイン」と呼んでいます。

一郎さん(飲食店経営)
この世に一つのドメインということですね。

なんかウキウキしてきました!

効果的なドメイン名の選び方

WEBディレクターATSUSHI
それでは、どのようにドメインを選択するべきなのかのポイントをご紹介しましょう。

ドメインは自社の知名度を上げてブランドを作り上げていくうえでも、イメージしやすい名前か覚えてもらいやすい名前が望ましいですね。

一郎さん(飲食店経営)
たしかにそうですよね。

たまにURLを見ていると、そのビジネスを表しているようなものが出てきますよね。例えば「かりんとう.jp」とか。

業種名に合ったドメインを決めよう

WEBディレクターATSUSHI
一郎さん、よく見てますね!

ドメインには、お店の名前にちなんだ名前など、そこから業種やお店などの特徴が読み取れるものを付けたいですね。

なぜなら、「かりんとう.jp」は久星食品さんのサイトですが、ドメインはURLに含まれますから。それが自社のブランドとして表されるという意味で、後々に有利だと考えられますからね。

一郎さん(飲食店経営)
覚えやすいからホームページも見てもらいやすいですよね?
WEBディレクターATSUSHI
そう言えるでしょうね。

今回たまたま話題に出た「かりんとう.jp」は日本語のドメインを使ったサイトですが、一般的には、本サイト「no1-marketing.jp」のように英語表記を選んだ方が無難でしょう。

【ヒント】

「かりんとう.jp」のように日本語をドメインに使う場合、注意が必要です。

ドメイン名はなるべく検索されるキーワードと一致したほうが良いとされているため、日本語ドメインは、日本で使う場合には覚えやすかったり直接アクセスが期待できる点で非常に魅力的ではあります。

その反面、リンクしてシェアしたりメールに貼り付けなどを行うと特別なローマ字表記に変換されてしまいます。

このことについては今回のテーマから外れるので、また別の記事でシェアしたいと思います。

一郎さん(飲食店経営)
わかりました、僕の場合は無難にいきたいと思います。

どちらにしても、ドメインは知名度アップも意識して選ぶとよいということですね。

WEBディレクターATSUSHI
はい。ただし気をつけたいのは、ドメインは一度つけてしまったら、なかなか変えられないものなんです。
一郎さん(飲食店経営)
そんなにガチガチに変えてはいけないルールみたいなのがあるんですか?
WEBディレクターATSUSHI
いや、そうではないです。

考えてみてください。

決めたドメインで、ある程度WEB上でアクセスを集め始めていたら、ドメインを変えるとどうなるでしょうか?

一郎さん(飲食店経営)
そうか、それまで見に来てくれていたお客さんを逃すことになるんですね?
WEBディレクターATSUSHI
そうです。ドメインを変えることで、既存のアクセスを放棄しなければならないですからね。
一郎さん(飲食店経営)
なるほど、最初の選び方が後々まで尾を引くということですね。慎重に決めねば。
WEBディレクターATSUSHI
また、ドメインは長い期間存在していることがSEO上有利ということです。ころころ変えると実績ができないですね。ですから、しっかりと決めていきましょう。
一郎さん(飲食店経営)
はい、そのようにします!

効果的なドメイン名の決め方

WEBディレクターATSUSHI
ドメインを決めるときのコツを教えましょう!
一郎さん(飲食店経営)
おっ、お願いします!
WEBディレクターATSUSHI
ドメイン名を決定するコツは、お客さんを想定して決めることです。
一郎さん(飲食店経営)
ドメイン名とお客さんとはどういう繋がりがあるんですか?
WEBディレクターATSUSHI
お客さんには2種類あると思います。

1つめは、情報探索のために検索してくるお客さんです。

イタリアンの飲食店であれば、「渋谷 イタリアン」などのワードで調べてくると思いますよね?この場合には、土地名などが入っている方がよいことになります。

例えば「shibuya- Italian.jp」のようにすれば分かりやすいですね。

イタリアンのお店のサイトをオープンする場合、 イタリアンと全く関係のないドメイン名でサイトを運営した場合と「イタリアン又はItalian」というドメインで運営した場合だと、確実に後者の方が圧倒的に検索エンジン上では有利になると言われています。

2つ目は、配布されたチラシなどを見て直接「店舗名」や「会社名」で検索してくる方法です。これを「指名検索」と呼んでいます。

この場合はもちろん「店舗名」などが入っている方がよいことになります。例えば「bistro- Paris.jp」のようにすれば分かりやすいですね。

【ヒント】

よく使われているトップレベルドメインは以下を参考にしてみて下さい。

トップレベルドメイン・・・ドメイン名をドットで分割した際の最後の項目の事を指します。例えば、「shibuya- Italian.jp」の場合は「.jp」のこと。

ドメインと(おおまかな)用途について

.com 商取引事業者(制限や厳密性はなし)
.net 特になし(元はインフラのためのドメイン)
.info 情報サイトの使用を意図している意味
.biz ビジネスに利用されるドメイン
.org 他のドメインに該当しない団体を指す
.jp 日本の商取引事業者等
.co.jp 法人専用(信用が欲しい場合)
.shop お店
.club 会員制
.地域ドメイン 最近ではTOKYOなどの地域ドメインが登場している

ドメイン取得でこんな失敗

WEBディレクターATSUSHI
ところで、よくある失敗例として、スペルを間違えたというのがあります。

例えば、「shibuya-Italian.jp」とするところを、「shibuya-Itarian.jp」としてしまうなど。

ずっと使うものですので、付けたかった名前と違う名前で登録してしまうのは痛いものです。実際にお客さまにスペルの間違いを教えてもらって後から後悔している方もおられますからね。

一郎さん(飲食店経営)
この辺りは慎重にやらないといけないですね。ポイントを外すとあとあと後悔しそうですから。
WEBディレクターATSUSHI
サイトを公開する時必ず必要になるドメインです。サイトのタイトルと同じくらい重要ですし、あとあと変更がしにくいので、特に注意したいところですね!
一郎さん(飲食店経営)
はい、ドメイン取得時には慎重にやりたいと思います。
WEBディレクターATSUSHI
ちなみに、あまりにマイナーなドメイン名の場合、検索エンジンでヒットしにくい傾向があります。というわけで、知名度の高い「.com」や「.net」あるいは「.org」や「.jp」あたりから選択されることをおすすめします。

「.info」や「.biz」でもそこそこ人気は高いので大丈夫かと思います。聞いたことのないドメイン名で取得するのは避けた方がよいでしょう。

【ヒント】

よくある無料ホームページを利用する場合には、運営会社側で準備したドメインを借りることになります。当然ながら、その会社の利用規約に沿って運営する必要があります。

また、ドメインはURLアドレスになりますが、ドメイン名は運営会社が所有しているものなので、自分の自由にはなりません。なおかつ、サービス会社が運営をやめた時にはサイトを閉鎖しなくてはなりません。

独自ドメインの取得方法

ドメインを扱う業者はいろいろありますが、今回はWordPressでよく使われているドメイン業者の「お名前.com」を例にお話します。

ステップ1

検索窓に「お名前.com」と入力し検索するか、下記URLより「お名前.com」のサイトへアクセスしてください。
↓↓↓
http://www.onamae.com/

ステップ2

お名前.comのトップページで「新ドメイン」をクリックします。

ステップ3

希望のドメイン名を入力して検索をクリックします。

ステップ4

導入可能なドメインが表示されるので、希望のドメインにチェックを入れます。この状態で、「料金確認へ進む」をクリックします。

本来であれば「.jp」か「.shop」あたりを選びたいところですが、今回は改めてドメイン取得の流れをサンプル記事としてお伝えするために「.club」を選んでいます。

ステップ5

「Whois情報公開代行」にチェックマークを入れます。

「Whois情報公開代行」とは、登録されたドメインの各種情報が検索できる「Whois」に、本人の情報ではなくお名前.comの用意した別の情報を表示させるサービスです。Whoisには、ドメインの各種情報が表示されます。特に個人の場合、このような情報がインターネット上で公開されることによる不利益を未然に防ぐことができます。

ステップ6

初めて使う場合は「初めてご利用の方」の下の枠に、メールアドレスとパスワードを入れて「次へ」をクリックします。

ステップ7

会員情報を記入して「次へ進む」をクリックします。

ステップ8

支払方法を選択して必要事項を入力後、「申し込む」をクリックします。

ステップ9

申し込みが完了すると下図のような画面が表示されます。

ステップ10

登録したメールアドレスには登録完了の通知が届きます。

ステップ11

登録完了メール文章内の【ドメイン情報】の下にお名前.comへログインするときに使用する会員IDの記載があります。

ステップ12

ドメイン情報認証のお願いのメールが届いた際にはURLをクリックして認証を行います。

ステップ13

URLをクリックすると認証完了のページが表示されます。

以上でドメイン取得完了です。

取得したドメインの管理をするにはお名前.comの「ドメインNavi」にログインします。

以下のURLをクリックしてお名前.comのサイトへアクセスできます。
  ↓↓↓
http://www.onamae.com/

※要重要※更新を忘れずに!

WEBディレクターATSUSHI
ドメインには有効期限があります。そのため更新が必要です。

もし、更新しなかった場合、有効期限が過ぎたのちに登録が削除され、ほかの人が誰でも取得できるようになります。

うっかり更新をし忘れてしまうと再度取得することが難しいので、忘れずに更新しておくようにしましょうね!

辰巳勝則
そのとおり!私も毎年ほったらかしで年間約60万円くらい稼いでいたホームページがありました。

5年前のある月を境に収入がなくなり「どうしたのかな?」と調べたところ「ドメインの更新をしていなかった」という苦い経験があります。

「お名前.com」さんであれば更新月前に「更新してください」というメールが届くはずですので、見逃さないようにしてくださいね。

とはいえ、迷惑フォルダに送られてきたメールが振り分けられる可能性もあるので、まめに「お名前.com」のマイページをチェックするようにしてください。

一郎さん(飲食店経営)
それは大変ですね。気を付けるようにいたします。

辰巳先生、ATSUSHIディレクター、本日はありがとうございました。

mailmaga

DRM集客実践会は、ワードプレスブログによるオンライン集客とチラシやDMを活用したオフライン集客を有効的に活用し、地域ダントツNo.1集客を目指しています。

チラシ・DM作成マニュアルをプレゼント

letter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です