代表者プロフィール

DRM実践会代表 辰巳勝則のプロフィール

このプロジェクトを始めた理由

DRM実践会のホームページにご訪問くださり、ありがとうございます。私との関わりがほんの数分で終わるかもしれませんし、長いお付き合いへと発展するか、そればかりは判りません。ですが、一瞬でもこうしたかたちでお会いできたこと、そのご縁に感謝いたします。

ところでお尋ねします。あなたがDRM実践会のホームページに辿り着いた「目的」は何でしょうか?また「なんのため」に、あなたはビジネスをされていますか?私は、あなたが今、貧乏のどん底であろうと、使いきれないくらいのお金があろうと、そんなことはどうでもいいと考えています。なぜなら「なんのために」という自分自身への質問に対し、あなたの内側から出てくる「今の答え」の方が、何よりも重要だと考えているからです。

ひな運動会左の写真は娘が小学校一年生の頃の運動会(徒競走)の写真です。並んで走ったお友達はすでにゴールしています。その時、娘はまだ3分の1辺りを走っていました。娘は生まれつき”先天性の障がい”を持っています。しかし、彼女はゆっくりではありましたが、なんとかゴールに辿り着きました。人生はどんな形でも「ゴールに辿り着ける」ということをこの日、娘を通じて学ばされました。

我が娘が50メートルを走り切ったこのシーン、彼女にとってもチャレンジだったと思います。娘は「走り切れるのか」という不安とは対象に存在した「お友達と走りたい」という気持ちを優先しました。ゴールに辿り着いたとき、私はその場で泣き崩れてしまいました。私は心の底から誓います。そして約束します。娘のように弱者と見られる人々であっても、”好きなことを極め、それを仕事として歩んでいける”そんな世の中づくりに貢献し続ける、ということを。

DRM実践会を通じて”マーケティングコーチ”として活動させていただく理由は、娘と同じような弱者(本当は弱者ではない)の立場の人間であっても、自立共生できる世の中を創ること。また、その救済プロジェクトを推進し、下剋上を果たす仲間をつくっていくことにあります。

自分のできる”小さな一手が世界を変える”ということを私は信じ、今日も余力なしで目の前の人のために生きたいと思います。では、DRM実践会でお会いしましょう。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

tatumi

独立・起業からこれまでの歩み

No.1マーケティング株式会社 代表取締役 辰巳勝則

1_sAjDlEVM4HKx51436393849_1436393962フレンチレストラン支配人、外食産業役員、大手カフェチェーン店舗責任者を経て2009 年 10 月に起業。2010 年にはインターネットを活用したある物販販売で全国一位となる。

ダイレクトレスポンスマーケティングの専門家、コピーライターとしてスモールビジネスオーナーのビジネスモデルの構築とマーケティング支援をおこなう、「マーケティングコーチ」として活動。

神田昌典氏の一番弟子でもあり、複数の会社を経営され、日本一のマーケッターとして知られる平秀信先生からチラシの作成術や FAXDM 作成術を学ぶ。また平秀信先生が認めた、数少ないコピーライターとして知られるようになる。

一般社団法人ソーシャル・マーケティング協会副会長を経て、2014年 7 月「No.1 マーケティング株式会社」を設立。「ダイレクトレスポンスマーケティングを通じて三方よしの社会実現に貢献できる地域No.1 ビジネスの創造と革新、それに伴う支援をすべておこなう」が企業理念。

2015 年には「人と地域社会を輝かせる下剋上マーケッター1000人創出プロジェクト」をスタート。現在に至る。

また、マーケティングコンサルタントの顔とは別に、港区や目黒区にお住いの富裕層を相手にした出張買取りサービスや、インターネット書店の「スターBOOKs」の運営、そして、奈良のお米の販売を実業に持つという、実践マーケッターでもある。机上の空論ではない「活きたノウハウの提供」を持ち味とする唯一無二のコンサルタントとしても知られている。

追伸

*コンテンツの中では、知的刺激の材料として活用いただくために、あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もございます。「これは違うんじゃないか?」と疑問に思うところから、ご自身の発想・気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。

白抜き用ロゴ